第12回風早の郷ふわり納涼まつり協賛のお礼


 8月27日(日)、好天に恵まれた道の駅風早の郷風和里では、ご来賓の方々はじめ、多数のお客様をお迎えし、「夏の終わりはふわりで」のキャッチフレーズのもと、恒例となりました風早の郷ふわり納涼まつりを開催いたしました。

 夏にふさわしいアーリーブルーマーズのエレキバンド演奏により16時開幕、アロハ・フラダンスやインドネシア民族舞踊など洋の文化と和太鼓演奏や伊予万歳など和の文化の競演のほか、子どもたちが主役の空手演武やキッズダンスの演技など幅広い年齢層の皆さんにボランティアでご出演いただきました。

 そして、20時40分、イベントのクライマックスは、今回、愛媛県はじめ、各方面のご協力と多くの方々からの温かいご芳志や組合員の皆さんからのご協賛をいただいて初めて挙行しました長浜海岸沖200mの離岸堤から打ち上げた花火。カウントダウンのスタートとともに三日月の夜空に繰り広げられた光の芸術は感動の10分間でした。

 ご支援、ご協賛いただきました皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 また、このイベントの開催には、地元の多くの皆様に設営、運営面で多大のご協力をいただきました。関係者の皆様にも厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 皆様、また来年、「夏の終わりは風和里」でお目にかかりましょう。

       平成29年8月28日             
            風早の郷ふわり協同組合
            風早の郷ふわり納涼まつり実行委員会


2017年08月30日